前へ
次へ

万が一の病気や怪我の際にかけておくと安心な医療保険

自分や家族が怪我や病気で、通院や入院、手術をすることになったら心労に加えて様々な費用もかかってきます。
通院だけならば診察費用や交通費だけで済みますが、入院ともなるとパジャマや洗面道具の用意をはじめ、ティッシュや冷蔵庫やテレビ利用にお金が必要なところもあります。
手術が必要な場合は高額な手術代もかかります。
そのためいざという時のために、医療保険をかけておくと安心です。
毎月や一括で保険料を納めることで、万が一の時にお金を受け取ることができるのです。
基本的な医療保険内容としては入院の場合、入院日数分の予め決められている1日あたり支払われる金額が受け取れます。
例えば10日間入院して1日あたり5000円の保険設定だった場合、5000円×10日間で5万円の保険金になります。
手術の場合は手術にかかった費用に対してではなく、入院給付金日額に一定の倍率をかけたものが受け取れるのが一般的です。
入院給付金が1日あたり5000円で手術給付金が20倍の保険設定ならば、10万円の保険金になります。

Page Top